北海道ツアー振り返り 釧路〜恵庭

  1. 2019/09/23(月) 19:16:10|
  2. 日々のこと
もうすっかり昔の事のような気がしてしまう北海道の旅、実はつい先週でしたな。
あまりに濃密な旅で、色んな想いや感情が色濃く残っています。
今回の旅も、色んな方々にお世話になって、友達になってもらって、サイコーでした。
こうして旅して、歌えることがどれほど貴重な時間か、改めて考えてみたり。

さて駆け足で今回の旅を振り返ります。
9/12の夜に釧路に前乗り。今回釧路で演奏させてもらう店Pal Houseのカイさんが空港まで迎えにきてくださる。
恐縮です。宿にチェックインしてそのままカイさん行きつけの地元の居酒屋「くうや」さんへ。

sashimori.jpg

もうやばすぎます。北海道の海産物。クジラやサンマやサーモン、マグロ、何食べても美味すぎる。
この味に慣れてしまったら、、、刺身観がくつがえります。

shigerukani.jpg

すいません。衝撃の毛ガニ。この量の半分以上僕食べました。ほんとすいません。

shishamo.jpg

今回いちばんの衝撃、ししゃも。
僕が今まで食べてきたししゃもは実は「カペリン」という名の魚。知ってはいましたが、今回本物のししゃもを食べて、ビックリでした。
味が濃いし、食感もまるで違う。感動でした。また食べたい!

そして翌日はカイさんのアテンドで釧路湿原へ。

kusiroshitugenshigeru.jpg

kushirositsugen.jpg

天気良くて、この絶景。ここは本当に日本か?という広大な湿原を、あちこち案内してもらいながらぐるりと100km。
前回来た時は春先で、一面茶色でしたが、今回は緑。こうなると冬の景色も見てみたくなるなあ。

夕方Pal Houseに戻り、ライヴの準備。
カイさん、セッティングから何から一人で準備しておいてくれて、サウンドチェックしたら、お客さんやって来て、ドリンクを出して、自らオープニングの弾き語りまでしてくれるという、もう完璧な対応。

kaisan.jpg

カイさんの弾いていたオベーションがほんといい音で、僕の今までのオベーションへのイメージがガラリと変わりました。
カイさん、心のこもったプレイで嬉しかったです。素敵でした。

そして続いて、地元釧路のナイスガイ「龍馬」君。

ryouma.jpg

人柄が滲み出した、弾き語り。素朴で、繊細。素敵でしたな。

palhouse.jpg

今回の北海道ツアーの初日JabBeeはちょっと緊張していたかもしれません。
が、お客様の楽しそうに聞いてくれている感じが伝わって来て、どんどん気持ちよくプレイできて、自然に盛り上がれた感じでした。
途中えりあさんお得意の無茶振りタイムで、カイさんをお店にあったカホンで引っ張り出す。(笑)
まさかのダブルアンコールまでいただき、「男はつらいよ」を歌いました。
釧路の皆様、ありがとうございました。
たくさんの方にCD買っていただきました。重ねてありがとうございます。
また必ず来ます。

翌日、なんとカイさんが恵庭のmojo handまで車で乗せて行ってくれるという。
いやいや、釧路〜恵庭って東京〜名古屋くらいの距離ですよ?
でもカイさん、「いやもう慣れたもんだから。札幌くらいはしょっちゅう行ってるから。」
いやもう、完全にこちらとは感覚が違うのね。
すいません。甘えます。ありがとうございます。

IMG_3276.jpg

途中清水町という街でこれまたカイさんオススメのとんかつ屋「みしな」という店で昼食。

IMG_3277.jpg

美味しくないはずがありません。ごちそうさまでした。ず〜っと食ってんなあ。www
えりあさん「北海道来るとまた太っちゃう」と言いながら全く手を緩めず食べます。飲みます。流石です。

そして恵庭mojo handに到着。
店主澤田さん、共演の黒田君にご挨拶。
何やら、いい雰囲気のお店ですなあ。サクッとサウンドチェック。僕ら二人のサウンドチェックはとても早い。ww
なんだかここも初めてきた気がしないなあ。店主のモジョマス(澤田さん)も全く初めてあった気がしない。ww
噂には聞いていたが、話の7〜8割が下ネタ。wwwサイコーです。えりあさん、すぐに口説かれてました。ww

69978316_2466769406725160_1298834467208560640_n.jpg

トップは黒田雄亮くん。
一人きりでのギターの弾き語り。
弾き語りというスタイルにとらわれない色んなタイプの楽曲を、ポップに聞かせる感じが素敵でしたね。
気持ちいいライヴでした。

70511858_2466769433391824_6967122864684138496_n.jpg

続いてマスター自ら!
下ネタトーク炸裂させながら、聴かせる歌はじっくりと渋く、声も素敵。
やっぱ音楽は人間が出るんだよね。
モジョマス、サイコーでした。

eniwamojo.jpg

そしてJabBee。初出演のmojo handでしたが、のっけから大歓迎(大騒ぎ?)していただき、僕らもテンション高めで臨ませていただきました。www ホント、このお店のお客さんサイコーでしたね。すっかり乗せていただきました。
大盛り上がりであっという間に終わりました。www
恵庭mojo handにおいでいただいた皆様ありがとうございました!
CDもたくさん買っていただきました。嬉しい。重ねてありがとうございました。
また必ずやってきます。モジョマス、僕ら離婚はしませんが(多分、、)今後ともどうぞよろしくお願いします。

70594964_2466769550058479_6842019667171606528_n.jpg

70919754_2466769503391817_8572512327746715648_n.jpg
前回のツアーで仲良くなってもらった、レザークラフトショップ「calm down]の素敵なお二人makkoちゃんとATSUSHI君のお二人にも再会できて感激でした!

いやいや、北海道いいとこ。やばいね。気があうね僕ら。

旅は続くのです。
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

0922 @ 高田馬場dig light

  1. 2019/09/19(木) 23:17:57|
  2. 日々のこと
いやあ、北海道ツアーめちゃくちゃいい旅だった。また、いろんな方達にお世話になったり、友達になってもらったり、とにかく充実した旅だった。
昨日深夜に東京戻ってきたら、あら、すっかり秋めいているが、やっぱ北海道に比べるとちょっと湿度高いね。

北海道の旅は、また後ほどゆっくり振り返ります。

ホッとひと息つく間もなく、今週末は大阪からやってくる「浪速のダンペン!」ことアサキチ氏率いるアメリカ南部音楽溺愛集団「ぬかるみ天国」が、セカンドニュウアルバムを引っさげてやってくる。レコ発ツアー。

迎え撃つJabBeeは、久々にパーカッションのKAZUとギターの塚ちゃんを交えこってりと行こうと思ってます。

70754088_2474056369329797_977494763697602560_n.jpg
あ、砂パンは残念ながらいませんが。。。

一足お先にアルバム聞かせてもらったけれど、やばいぞ。アサキチ氏の曲はほんといい。で、音がめっちゃくちゃいい。アナログな手触り。いいアルバム作りやがったなあ。(笑)こういうの聞くと俺も創作意欲がむくむくと。。。

とにかく楽しい夜になること間違いなし!
後はあなたがくるだけだ!

一緒に盛り上がろう!

〜アサキチ2nd.アルバム「ぬかるみ天国Ⅱ(セカンド)」発売記念ライヴ
♫9/22(日)高田馬場 dig light
(新宿区高田馬場2丁目1−2 田島ビル )
open18:00/start 19:00
投げ銭(要2ドリンクオーダー)
【出演】ぬかるみ天国/
JabBee with KAZU(per)、塚田直(g)
【問合せ】03-3209-5700
ぬかるみ天国:アサキチ(Vo. & A.Gt.)、ホーリー(Wurlitzer Pf.)、Misa(Cho. Perc. & Mand.)、鳴瀧朋宏(E.B.)、若山実緒(Dr.)、塚田直(E.Gt. )、キムガンホ(E.Gt.:from ラリーパパ&カーネギーママ)
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

JabBeeの9月

  1. 2019/09/10(火) 18:11:45|
  2. 日々のこと
2019tour8**

行きます。北海道!お近くの方是非よろしくお願いします〜。何気に移動距離長い!楽しみです。帰ってきたら高田馬場〜仙台〜水戸!と続きます。みなさま是非に会いにきて〜!全箇所入魂で行きます。よろしくお願いします〜。
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

九州ツアー 熊本

  1. 2019/06/14(金) 23:06:15|
  2. 日々のこと
6/9(ロックの日だ!)ガッツ宅で起床。
結局ダイもガッツ宅に泊まり、朝4:00までガッツと焼酎飲んでたらしい。
これもバンド効果なんだろう。

昼近くに熊本に来たらかならず行きたくなる「ヒライ」をリクエストして、みんなで歩いてヒライへ。
昼食後、ダイとガッツと3人で熊本城に行く。
足場とクレーンに囲まれた城に言葉をなくす。

kumamotojo1.jpg

kumamotojo2.jpg

お堀などもあちこちが崩落し、今も手付かずのまま。
なんともやるせない気持ちと、復旧を応援したい気持ちとが入り混じる。

夕方、sunny blueへ。
店主のやなぎさわさんに久しぶりの再会のご挨拶。
共演のcobyとともにサウンドチェック。
相変わらず素敵な店内。

sunnyblueriha.jpg

今夜もダイがそのまま参加してくれることになり、バンドで演奏。
いやいや、楽しくなりそうです。

この日はオープンから転換までDJにイデックスくん(イケメンダッタゾ!)が入ってくれ、若いのに渋いプレイで会場の雰囲気をいい感じに作ってくれていた。
20:00本番スタートです。
まずは地元熊本を拠点に全国歌い歩くcobyから。

sunnybluecoby_20190614213147283.jpg

cobyはもう何年も前から熊本で、東京で共演させてもらっているが、どんどんよくなっている印象。
その声に秘めたパワーが増している感じ。
地元熊本の民謡などを独自のアレンジで聴かせたり、北海道で触発されたというアイヌ民族へのリスペクトを盛り込んだMCなどに
さすがの懐の深さを感じさせる。
それを等身大のオリジナルな歌にじんわりとにじませる。
以前よりもじっくり聴かせている印象。
素敵でした。
途中からダイ、ガッツ、ldyeria交えたバンドもとっても素敵でした。

sunnybluecobyband.jpg

リラックスしながらも一本ピーンと筋の通ったプレイで、いいライヴをしてました。
さすがです。

そしてJabBee。

sunnybluejabbee_201906142131490a6.jpg

日曜日の夜だというのに遅くまで残っていただいたお客さんに後押しされて、いいライヴができたと思います。
以前共演したChaoBeeやSazaeのダイゴくんも来ていただいて感激でした。
熊本のお客さんは熱い。ww
そして反応が早い。
すごく雰囲気が良くて、こちらも自然と盛り上がっていける感じ。
俺の喉は4日目で、結構枯れて来ていたけれど、そんなのはどこ吹く風。
気持ちよくのびのび歌わせてもらいました。
ladyeriaも飛ばしていたな。いい感じだった。
ガッツとダイのリズムもいい感じで暴れていて、ww楽しく煽られました。ww

アンコールまでいただき、cobyを呼んでみんなで「それはスポットライトではない」をセッション。

sunnybluesession.jpg

あっという間に夜は更けました。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。
CDお買い上げ頂いた皆さま、重ねてありがとうございました。
熊本、また必ず伺います。

終演後は、一人でやっているバーに張り紙をしてwwライヴを観に来てくださった、くまさんのお店コルウスにてみんなで打ち上げ。
バーとは思えない多彩な料理とお酒で盛り上がりました。

熊本の皆様、ありがとうございました。
またお会いでる日まででお元気で!

そして翌日熊本空港からヒコーキで帰京。
たった5日間でしたが、充実した濃い旅になりました。

こうして振り返っているとまたすぐにでも旅に出たくなる。
来月は東京自由が丘の後、大阪〜岐阜〜金沢〜長岡とまた旅します。

まだまだ旅を続けます。

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

九州ツアー 山鹿アサヒ

  1. 2019/06/13(木) 22:37:13|
  2. 日々のこと
AM10:00過ぎに起床。ガッツ宅でゆっくり寝かせてもらい快調!
コーヒーなど頂いているとガッツのiPhoneに着信がある。

ダイが新幹線で熊本に来るらしい。ww
やっぱ来るんだ。いや来ると思ってたけどね。ww

みんなで車で熊本駅に向かうと、駅のロータリーベンチに腰掛けているダイ。
コントラバスではなくアコベ、それと小型のアンプを携えている。
第一声
「来ちゃった!」
遠距離恋愛の彼氏の家の玄関に突然現れた彼女みたいなことを言う。

その足で、ガッツオススメのお店、UNIというオープンしたてのお店へみんなでランチに。
かなりオシャレな上、絶品の創作イタリアン的なお店Sazaeのダイゴくんが新しくオープンさせたお店。
天井が高く、さすがの内装、料理はマジ絶品。
天草出身のダイゴくんの「おふくろの味」だと言うちゃんぽんが、今まで食べて来たちゃんぽんの概念を軽く覆す衝撃の味でした。
ごちそうさまでした。

uni_201906132103449ba.jpg
UNIの入り口で。

その後車で山鹿のアサヒまで。
到着すると、いました、この人。

ナッピンさん。
asahinappin.jpg

やっぱりこうして元気で再会できるのが嬉しい。
お店も相変わらずいい感じです。

ほどなくして、今夜共演してもらうTinpeiくんも到着。
翌日sunny blueで共演してもらう予定のcobyも一緒。
Tinpeiくんとは初対面。ご挨拶。

サウンドチェックを済ませ、今夜もバンドサウンドで俄然楽しみが増す。
アサヒの近所をぶらり。

asahimanholl.jpg

すごい。山鹿のマンホールかなり素敵。

asahiyamaga.jpg

この時間の街並みがとても和みます。

さて日も暮れて本番始まります。
まずは、初めましてのTinpeiくんから。
tinpei.jpg

いやあ、やっぱいるんだよね。こういう素敵なシンガーが、日本全国あちらこちらに。
曲も素敵だし、歌詞も声もグッと来る。
プレイも素敵。
途中cobyが飛び入りでデュエットしたり、ガッツ、ダイ、ladyeriaでバックをやったり
tinpeiband.jpg

いいライヴを繰り広げておりました。
お客さんもナッピンさんも喜んでいる。

アサヒの雰囲気はいつも暖かい。
「今夜もいい夜だなあ」なんて和んで楽しんでいると、
あらあら出番です。

今夜も昨夜に引き続きバンド編成で。東京を出て来るときには想像もしていなかったこの展開。ww

asahiband.jpg

気持ちよく演奏しました。
最近はえりあさんと二人で演奏することがほとんどで、そのミニマムな編成も、他者とのアンサンブルという意味で俺にとってはバンド的なものではあるのだが、やはりリズムセクションが実際に鳴ると楽しい。
特にスローなテンポの曲を演奏したときに、ガッツのドラムがあるとより歌に集中できる感じがある。
お客さんも皆んな暖かい雰囲気で気持ちよく演奏させていただきました。
アンコールではみんなでセッション。
asahiallsession.jpg

いやあ、楽しい夜だった。ありがとうございました!

と和んで、打ち上げモードに入りかけていたときに、お客さんからまさかのリクエストをいただき、
えりあさんと二人で生音でダブルアンコールを。

asahiancall.jpg

asahiall.jpg
お越し頂いた皆様、ありがとうございました!

この後、山鹿の沖縄居酒屋で打ち上がりました。

お越しいただいた皆様ありがとうございました。
CDお買い上げ頂いた皆さまもありがとうございました。
ナッピンさんにも感謝。

山鹿また行きます!

さて明日は熊本。

続く。

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
前のページ 次のページ