続、続、新譜コメント

  1. 2012/08/23(木) 22:18:04|
  2. 日々のこと
続きます。

今回紹介させていただくのは、そう、やっぱり気付けば20年近い付き合いになる男。
ヤツとは、本当に良く遊んだし、今も変わらず近しいバンドマン仲間として、お互いに年は取ったが根っこのところは20代のあの頃のまんまだ。
20代。個人的には、理想とするサウンドに置いてきぼりを食ってばかりで、ライヴの度に、終わったら落ち込んで、悔し泣きしたりして、翌日からまた練習する
みたいな、地味でくらい時代だったぜ。(笑)
その頃から、気付けばいつだって近くでなんだかんだ、ガヤガヤやってきた。
はじめて会った時、ヤツはやはりbenzoのギタリストだった。すぐに仲良くなった。
数年前までは荻窪のvelvet sunってハコを面白くしてた。

さんざん、いままで、音楽の話に限らず、いろんな事を話したよ。
今も全然変わんない。
なんつーかね、いろいろ影響も受けてるんだと思う。
ギターの音はバカみたいにデカいんだ。(笑)
でもね、そこら辺のヤツとはワケが違う。
上手いヤツがさ、ちっちゃいしょぼい音で、バッチリ、リズムとか決めて弾いてるのもかっこいいんだけどさ、
こいつはね、そんなんじゃね~んだ。
耳塞ぎたくなるくらいの爆音なんだが、リズムの決め方とか鳥肌モノ。
で、作る曲がまたいいんだよね。歌詞の言葉選びのセンスとかも凄く良くて。
そんな昔からの友達。

シゲル君ニュウアルバム発売おめでとう。本当におめでとう。キクチシゲルが創るミュージックは今も出会った頃も俺にとっては変わらない唯一無二の存在だ。
例えるならすべてが凝縮された原石。音楽の本質が無数に詰まった原石だ。今時の音楽みたいに磨かれすぎた当たり障りのない輝き、そんなものはかけらも持ち合わせていない。
キクチシゲルのミュージックはリスナーがそれぞれの思いで磨いて磨いて初めて輝く宝石のようだ。俺も今回のアルバムは沢山聞いた。俺にしかわからない輝きも沢山見つけた。
キクチシゲルの音楽は原石、聞く人の気持ちでダイヤモンドにもサファイアにだってなる。
みんなも自分の側に置いて磨いてみてください。
君だけの宝石になるはず。
kurosawadaisuke


なんとも、泣けたよ。このコメント。
いろいろとあったしさ、今まで。長い付き合いでお互いいろいろ知ってるからね。(笑)
だからこそ、このコメントはぐっと来てしまった。
ダイスケ、ありがとう!
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
<<0919レコ発リハ | ホーム | 続、新譜コメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jabbee.blog.fc2.com/tb.php/7-5909ac5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)