九州ツアー 福岡

  1. 2019/06/12(水) 23:01:16|
  2. 日々のこと
久我っちに送ってもらった佐賀駅から電車で博多まで移動し、そこで地下鉄に乗り換え赤坂駅まで。
いつも車であちこち旅して回っていると、こうして電車で移動する旅が新鮮。
当たり前だが、電車の中の雰囲気、車窓からの景色などで「知らない街に来ているんだなあ」と実感したりする。
赤坂駅から今夜の会場BuRaRiまで歩く。

お店に着くと、いい感じのライヴバー。
店主の里美さんにご挨拶。明るくとても素敵な方。
ここでもう、今夜はいい夜になるなあという予感。

今夜の共演は、福岡在住の二人。大石みつのんとイトウダイ。
みつのんは福岡を拠点に日本全国旅して回っている。先月末もSHOWなんだいDEショーで会ったばかりだ。ww
イトウダイは3年前に東京から福岡に移住して暮らしている。ボガルサなどをやっていた旧知の仲。
今回BuRaRiさんを紹介していただいた。

ガヤガヤとサウンドチェック。
みつのんに会うといつも茨城弁の応酬になる。
みつのんは、茨城出身でないのに茨城弁がうまいやつナンバーワンだ。きっと耳がいいんだ。
そして、ここで電話がかかって来た。JabBee熊本支部長のガッツから。
「仕事今終わったんですが、これから行っちゃおうかな?」と。
大歓迎だ。そして「来るなら叩いて。ドラム」とすぐに話はまとまる。

実は、ダイから前もってladyeriaに「この4曲は予習済みです!できます!」と予告があったらしい。ww
頼んでないのに!。ww いやあ、嬉しいです。
是非一緒にやろうということになっていたので、ガッツが来ればバンドでできるじゃん!
それに合わせてセットリストを何曲か差し替えたりして準備する。いや楽しみ。

さて本番です。

burarimitsunon.jpg

まずは大石みつのん。
流石です。古〜いピックギターをサムピックで奏でながら歌うそのスタイルは、やはり古いジャズだったり、ジャイヴだったり、カントリーブルーズだったりするのだが、やっぱりみつのんにしかできない「何か」があるんだな。そして、わかっているのに笑ってしまうドリフ的な昭和の笑い要素。ww そのあとに、やはりわかっているのに「きゅん」とさせるずるさ。ww 何度見てもその術中にハマる。

途中からイトウダイとladyeriaが合流。

burarimitsunonneria.jpg
mitsunonneriadai.jpg

いい感じ。お客さんもいい感じで楽しんでいる。
そして遊びに来ていたタップダンサーの健ちゃんも飛び入り。(写真がないい!残念)
ガッツも熊本から到着して一緒に楽しむ。

そして、次はJabBee。
burariwitheria.jpg

はじめはガッツはカホンで入って来る。

burariwithgatz.jpg

リハもしていないし、久しぶりにぶっつけで一緒にプレイするが全く何にも問題なし。
気持ちいい。やっぱりガッツのリズムは歌っていて本当に気持ちいい。
な〜〜んにも考えずに本当に自然に歌いたいように歌える。
これは、単に「長年一緒にやっていたから」ということだけではない。
こんな風に「ヴォーカリストに歌を気持ちよく歌わせるためのドラム」を叩ける人はいそうでいない。
流石です。

そしてイトウダイも合流。

burariwithdai.jpg

意外にも(?)、ダイと一緒にプレイするのは初めてでした。コントラバス気持ちいい〜。そしてガッツはドラムに。
バンドです。

burariband.jpg

ダイが「バンドって楽しいね」と、初めて楽器を持った中学生的なことを連呼する。ww
ガッツの急な参加で、嬉しいハプニング。
いやあ、楽しかった。
それから「心のままに」では、えりあさん得意の無茶振りタイムでタップダンサーの健ちゃんも引っ張り出し盛り上がる。
見に来ていただいたたくさんのお客様も踊ってくださって嬉しかった。

こうして夜は更け、そのままお店で盛り上がる。
店主の里美さんが本当に気持ちの良い方で、その人柄がお店の雰囲気をそのまま作っている感じでした。

burariall.jpg

お集まりいただいたお客様、ありがとうございました。
CDをお買い上げ頂いた皆さま、重ねてありがとうございました。

BuRaRiさんまた是非伺いたい!
ありがとうございました。

そして、深夜ウエストのうどんの後、九州道を熊本のガッツ宅へ向けて俺の運転で。
今夜はガッツ宅にお世話になり、明日は山鹿のアサヒだ!

そして気になる事が一つ出来た。
ダイが終演後「バンドって楽しいね。楽しいね。明日も行っちゃおうかな」
と、3回くらい言っていたのだ。
果たしてダイは山鹿に来るのだろうか?

続く!
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
<<九州ツアー 山鹿アサヒ | ホーム | 九州ツアー 佐賀>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jabbee.blog.fc2.com/tb.php/322-303e91b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)