大阪 大きな輪の夜 振り返り

  1. 2018/10/12(金) 23:10:05|
  2. 日々のこと
10/8 岡山のMO:GLAの通りを挟んだ向かい側のホテルで目を覚ます。
朝食をモリモリ食べる。
3日連続のライヴの後、4日目にしてはそんなに声枯れしていない。夕べ打ち上げであんなに騒いだのに(笑)結構平気。
これもきっと、今年ツアーを重ねている成果かもしれない。少しは喉もタフになってきたということか。
けれど、油断してはならない。
俺は確実におっさんになってきているのだ。それはまぎれもない事実であり、過信は禁物だ。
声帯はいわゆる筋肉みたいなもんだ。
使わなければ、良い声は手に入らないのだが、「使ったら必ず休めなさい」と、その昔専門医に言われた。
酷使しすぎて声帯にタコみたいなものができて、診察を受けた時だ。
ましてや、あの頃よりおっさんになっているわけだから、ケアしたり用心したりするに越したことはない。
チェックアウトしたら、山陽道に乗って、一路大阪へ。さよなら岡山。
今日の移動も180kmくらい。のんびり走って、休憩をたっぷりとっても余裕の移動です。

ootemanju.jpg

なので、途中のSAで、天気もいいし、昨夜吉永くんの妹さんから可愛いお花と一緒に頂いた岡山名物の「大手まんぢゅう」をいただくことに。
(ホントお気遣いすいません。妹さんも姪っ子ちゃんも最高に可愛かった!)

coffee_201810122040307c2.jpg

淹れたてコーヒーと大手まんぢゅうで、もう最高です。
疲れた身体に染み渡ります。甘いもの万歳!

そして、午後には大阪心斎橋へ到着。
入り時間まで、ちょっと時間があったので、大阪の街をぶらぶらします。
大阪心斎橋あたりは、なんだか元気でした。
繁華街の賑やかさも、なんだかカラっとしてる感じ?
独特な雰囲気があるね。

ほどなくして、今夜の会場「大きな輪」へ。

door.jpg

今日は、もう何年も前からその名は知っていたユニット[Ajara]さんとの初共演。
実は以前、共通の九州佐賀在住の友人から「ぜひ一緒にライヴを!」というお話をいただいていたのですが、お互いのスケジュールやらの折り合いがつかず実現できなかったという経緯があり、実に5〜6年越しの実現になったのでした。
そして、そのAjaraのヴォーカルのノンさんからご紹介いただいたお店がこの「大きな輪」。
この場所もいろんな友人から聞いていて、いつか行ってみたいなと思っていた矢先。
いい感じで万事が繋がった感じです。

お店につき、店主のタムさんにご挨拶。
この「タムさん」もいろんな友人からいろいろお話を聞いていて、お会いしたかった方。
ずっとweb上のやり取りで、そのお人柄などはなんとなく感じていたもの、やはり実際にお会いして、お話しさせてもらうとその強面な風貌とは裏腹に穏やかな方。そして音楽好きな方。
お店入ってすぐ横にこんな素敵な写真が飾ってある。
mswd.jpg

間違いないセンス。
またもや「縁」です。
しばし共通の友人話や、音楽話の後、さらりと音響のチェックを。
問題なし。いい感じです。

と、この辺りでAjaraのお二人もやってきて、初対面です。
いやあ、やっと会えました。(笑)
想像通りのいい感じのお二人。ノンちゃんとnhkくん。
サクッとサウンドチェック!
いやあ、いい!Ajara。
まずノンちゃんの歌の素晴らしさ!
nhkくんのベーシスト感溢れるアコギプレイ!
二人の芳醇なグルーヴ。たまりません。
これは今夜も楽しくなっちゃうなあ。。

ということで、本番までまたそこらをぶらり。
manhole_2018101220403545b.jpg
大阪のマンホールは大阪城!素敵。

さて本番です。
まずはAjaraのお二人。
この日もお気遣いいただいて、Ajaraさんが先にプレイしてくださる。なんとも恐縮です。

ajara.jpg

ウクレレを弾きながら歌うノンちゃんと、それをアコギで支え、随所でハモったりするnhkくん。
素晴らしすぎる!曲もとてもいいし、やはりノンちゃんの歌が抜群にいい!
レゲエやソウルのテイストが、完全に二人のオリジナルに昇華している。
息もピッタリ。
mcも二人の日常の延長にありそうでいて、どこかに落としどころを持っている軽妙な感じ。
バンド編成もきっといいんだろうなあ。
演者であることを忘れそうになるくらい楽しみました。(笑)
お客さんも皆楽しそう。
あっという間に終わってしまった。
いやあ、またぜひご一緒したいです。
Ajaraさん今後ともどうぞ宜しくお願いします。(笑)

そして、JabBeeです。

JabBeeookinawa.jpg

この日はスペース的にも座って歌った方がいいかなと思い、珍しくハイチェアーに腰掛けて歌い始める。
が、しかし、慣れないことはするものではなく、なんか落ち着かなくて、2曲目が終わったところで立ちました。
やはりこの方がしっくりくる。
この日も、暖かいお客様や、タムさん、 Ajaraのお二人のおかげでいい感じに盛り上げていただき、
なんとかいい感じで歌い切りました。
大阪のお客様の反応は早いし、鋭い。言い方は悪いけれど、こちらが少しでも手を抜いたら瞬時に見抜かれそうな感じとでも言おうか。。。でも、こういう感じはとてもライヴな感じがするし、俺の調子がいいとか悪いとかカンケーない。その場で、マインドを開ききって、その場の俺をさらけ出せればきっと伝わるんだな、という大切なことを感じさせていただいた。
まあ、これは大阪に限ったことではないのだが、この日は特にそう感じたのでした。
歌いに行ってよかった。
やっぱりライヴはいいなあ。

終演後、よかったですと声をかけていただいたりして、嬉しかった。
CDをお買い上げいただいたお客様にも重ねてお礼を。ありがとうございました。

all_20181012204029c6c.jpg
店主タムさんと、Ajaraのお二人と。乙女ポーズのタムさん。

この後、なんと一時閉店して(笑)タムさんが美味いお好み焼きを食わせたる、と、みんなで大阪のお好み焼きを食べに。

ここで、俺的にグッときた場面があった。
夜の繁華街を、5人でぶらりと歩いていた時に、俺とタムさんが先に歩いていたところ、客引きが声をかけてきた。
多分お姉ちゃんがたくさんいるであろう店の客引きだ。
俺は、夜中の繁華街の客引きがあまり得意ではない。そもそも酒飲まないし、正直「迷惑だな」と思う場合がほとんど。
大抵さらりと無視するか、「no thank you」をジェスチャーで伝えるくらいだ。
この日も俺は多分興味なさげに無視しようと思っていたその横で、群がってくるような客引きに対して、
タムさんは、「今お腹空いてんだ。ゴメンな」と、本当に何気なく普通の声のトーンで言った。
その「ゴメンな」という一言に、この人の人柄が滲み出していた。
俺はドキっとした。瞬時に「ああ、この人優しいんだな」と心底感じた。
時間にしたら5秒も経っていなかったと思うが、ちょっと自分の器の小ささを思い知ったというか。
こういう優しさって、やっぱり大切だよね。相手の立場になれるというか。
きっとそこまで考えての行動ではなく、自然に出てきた一言だったはずだが、だからこそそこに人間性が出るよね。
俺も、こういうこと忘れないようにしようと、深く思ったのでした。

この後、みんなでお好み焼きを堪能し(もちろん美味かったです)、また必ずと再会の約束をして、お疲れ様でした!と。
僕らは、そのまま夜走りしながら、途中どこかで車中泊しながら帰ろうと東名阪〜新東名のルートを目指し車を走らせたのでした。
途中名神の草津で力尽き(笑)、3〜4時間寝て、幻想的な夜明けを一人で見ながら(えりあさんは寝てましたね、ハイ)、途中運転を交代しながら、昼前には東京にたどり着きました。

今回の旅でも、素晴らしい出会いがありました。
いつも、旅から帰ってこうして、振り返りのブログを書いていますが、こうして客観的に振り返ってみると、いろいろ考えるし、いろんなことに気づくね。Don't look back!も、もちろんいいんだけど、旅に出る意味とか、これからどこを目指していきたいんだろうとか、こうして旅を振り返ることで、ちょっとずつわかってくるんじゃないかなあ、とも思います。

今月は、東京でもまたライヴするし、すぐにまた次の旅が始まります。

いつの間にか秋です。

旅を続けます。





  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
| ホーム | 岡山 MO:GLA の夜 振り返り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jabbee.blog.fc2.com/tb.php/297-62556c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)