7/7 小田原 magoの夜

  1. 2018/07/09(月) 22:07:06|
  2. 日々のこと
7/7ミサシン宅にて朝ごはんまでご馳走になって、お世話になりました。快適に眠らせてもらって今日も頑張れそうです。

正午に出発し、途中せっかくだからと海沿いの温泉へ。天下泰平の湯。
ここでしばしゆっくりと湯に浸かり、のんびりする。

テレヴィで見た大雨情報に言葉をなくす。

ここから海沿いの道を一路小田原へ。
drive.jpg
天気こそ曇天でしたが、気持ちいいドライヴ。

odawaramanhole.jpg
小田原到着!マンホールはこんな感じ!

今夜のお店は、おばあちゃんの家を改装してカフェにしたというmago。
初めましてのお店。
以前、2014年の11月に小田原カミイチというイベントにお呼ばれした際に、知り合った店主佑太さん。
いつか行きたいと思いつつ、やっと来れました。
mago.jpg
なんとも素敵なお店です。
JabBeeriha.jpg

天井が高く気持ちいい。
今日は地元のシンガーコトロドリゲスさんが共演。初めましてのご挨拶後サウンドチェック。

lodoriha.jpg
サウンドチェック中、magoの店内で店主の娘と遊ぶ俺。
可愛い。

さ、ライヴスタートです。
kotolive.jpg
最初にコトロドリゲスさん。
完全なギターの弾き語り。けれど、いろんなスタイルの曲をプレイして多彩。
ロック、レゲエやソウルの匂いのする曲などもあり、それでいて、適度にゆるく気持ちいい。
素敵でした。

そしてJabBee。

JabBeemago.jpg

この夜は、持ち時間もたっぷりいただき、2部構成でお送りすることに。

この日のライヴは、個人的にとても印象深いものになりました。
実は、7/3の中華三番以来、あまり喉の調子が良くなかったんだよね。張り切りすぎたのか(笑)中華三番のライヴ翌日から、声が枯れててなかなか回復しない。
身体は普段から、ツアーも連日になって来た時に踏ん張りがきくようにと、常に走ったりして体力をつけているつもりではいるけれど、喉に関しては身体ほど鍛えようがない。歌ったら休める。ということしかやりようがないのだ。
なるべく喉に負担をかけないような歌い方とか、練習する時に意識したりはするが、ライヴになればやはり自然と力が入ってしまうし、解放してしまう。それがライヴだ。
昨夜の静岡ライヴも気持ちよく盛り上がって、歌いきった。
で、翌日の今日、結構声が枯れていた。
なので、移動中は、なるべく無駄に喉を使わないようにとか、温泉効果とか、最低限のケアはしながらライヴに臨んだ。
リハも短めにバランスだけ確認して。
で、本番は、もう開き直って歌うしかない。

でも、喉の調子に反して、歌い始めたらどんどん気持ちよくなっていって、すごく集中して歌えている。
声はかれているのだけれど、そんなことは全く気にならず、歌の上にどんどん気持ちを乗せられているような感覚。
そして、ついには、出ないはずの声が出たり、いつも連日のツアーで最初にきつくなる部分などが素直に伸びてくれる。
こうなると、もう気持ちよくて気持ちよくて、シンガーズハイです。
あっという間に2部を歌い終え、アンコールまでいただき、気持ちよく歌い切りました。

こういうライヴは、本当に嬉しい。

きっと、アットホームな雰囲気ながら、お客様も盛り上がったり、じっくり集中して聞いてくださったおかげだと思います。
DJしながらえりあさんの無茶振りに応えてカホンをロックンロールで叩いてくれたてっちゃんのおかげもあったかもしれないww。

店主佑太さんはじめ、DJしてくださったてっちゃん、日下部さん、そしてお集まりいただいたお客様ありがとうございました。
CDをお買い上げ頂いた皆さま、重ねてありがとうございました。

小田原、海があり山があり素敵な街。
また近いうちに行きたいっす。
今後もどうぞよろしくお願いいたします〜。

そして、旅は続く。

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
| ホーム | 7/6@静岡 海遊家の夜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jabbee.blog.fc2.com/tb.php/280-8b4aea4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)