北海道ツアー振り返り 函館編

  1. 2018/05/24(木) 21:55:02|
  2. 日々のこと
今回の北海道ツアーを恒例振り返り。
もう随分前のことのように感じるのは、きっと毎日がとてもコクのある濃密な時間だったせいでしょう。

初日5/18日は、前乗りして一日観光の予定にしていた。珍しく。
というのも、函館、eriaさんが中学時代に1年弱住んでいたことがある街で、お母さんの出身地なのでした。
なので、親戚などもたくさんいて、せっかくだから一日前乗りしてあちこち回ろうということに。
早朝自宅を出発し、羽田まで。始発便でたどり着いた函館は、本降りの雨。気温8度。
寒い〜。まるで冬。雨男面目躍如。
それでもめげずに、あちこち回った。

torapisutokyoukai.jpg
トラピスチヌ修道院

oonumakouenn.jpg
大沼公園

goryoukaku.jpg
五稜郭タワー

hakodateview.jpg
旧函館区公会堂から眺めた港

と、一日かけて時々土砂降りの中、それでもとても印象的なあちこちを堪能したのでした。
eriaさんも大満足だったようです。

IMG_2441.jpg
旧函館区公会堂の中で。

そして、おじさん宅に一泊お世話になり、ぐっすり寝た翌日、初めましての「銀色のグラス」へ。

ginironogurasu.jpg

店主は、音楽好きな、ナイスガイ

ginnironaokikun.jpg
ナオキさん。

雰囲気のある、いい感じのお店。
早速サウンドチェックなどやらせてもらい、和む。
いやいや、今夜も楽しくなりそうです。

この日は、ナオキさんのはからいで、地元函館で活動するシンガーを3組一緒に組んでいただいた。
こういうの、本当に嬉しいです。
その街に行って、その街を拠点に歌っている方々と交流させていただけるのはツアーの醍醐味。

トップバターは野坂祐太郎さん。
熱い声。そして、歌詞がとても赤裸々でいて、どこかポップ。
一人で弾き語っていても根っこはロックなんだなというのがすぐわかる。
好きだなあ、こういう感じ。

続いて、堀木光太郎さん。
ちょっとお話しさせていただいた時には、礼儀正しく控えめな印象でした。が、いざ歌い出すと繊細で叙情的な部分もありながら
結構パンキッシュな部分もあって、そのギャップが嬉しくなった。ww
いいねえ。いいです。

そして、東京出張から帰って函館空港から直行してきたというカワベシンゴさん。
この日の共演者の中では、多分カワベさんがちょっと年上。
どっしりとした弾き語りを聞かせてくれました。
曲も歌詞も、なんとなく世代の近さを感じさせるもので、とても良かった。

そんな3組の皆さんにいい空気を作っていただいて、JabBee。
初北海道のライヴ。
客席は、eriaさんの親戚やお友達、地元のお客様とで満員。
アットホームながら、気合の入ったプレイができたと思います。
お客様にもかなり盛り上げていただきました。
そして、たくさんの皆様にCDお買い上げいただきました。
本当にありがとうございました。

ginniroall.jpg
打ち上がりました。

店主ナオキさん、可愛いい奥さんの麻衣さん、共演者の皆様、本当にお世話になりました。
また行きたい!必ずや。
ありがとうございました!

続く。

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
<<北海道ツアー振り返り 札幌編 | ホーム | 北海道ツアー >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jabbee.blog.fc2.com/tb.php/269-58511977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)