ぶわーっと

  1. 2015/08/09(日) 23:15:19|
  2. 日々のこと
8/9 晴れ。

昨夜の自由が丘マルディグラでのライヴについて少し。

お越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。
セットリストは、

1 . easy go
2 . 夏草をかき分けて
3 . 夜明け前
4 . 加速するブルーズ
5 . 太陽とロックンロール
6 . 君が生きてゆく世界の話
7 . はじまりのうた
8 . 心のままに

アンコール
9 . over
アンコール2
10 . 男はつらいよ(カバー)

でした。
最近の曲を中心に選曲しましたが、季節柄「夏草」はかなり久しぶりにプレイしたかな。
初期のナンバーです。

昨夜は最初からいい感じだった。2曲めくらいでもう汗だくになってたけど。(笑)
歌ってると、俺、信じられないくらい汗かくんだよ。
きっと、血が回りまくってるんだと思う。全身を。
呼吸も自然と深くなるし。

ライヴってさ、調子いいときも悪いときもあるんだよね。そりゃね。あるわ。
で、当たり前だけどその時、その時点でのベストを目指す訳。
そのことに関しては、その結果がどうであれ、今まで一度だって手を抜いたことはない。

そこで俺ができることは、ギター弾いて歌うこと「だけ」。
策なんてないんだよ。

そりゃね、「どうやったら歌が伝わりやすい雰囲気を作れるかな」とかさ、
「どんな曲順でやったら、いい流れ作れるかな?」とかさ、
それくらいはもちろん考える。大切なこと。当たり前だけど。

でも、曲が始まってしまえば、もうそこから先は何回やったってコツなんかないし、
「スイッチ」の入るタイミングなんて全くわかんない。
もの凄く静かな気持ちで歌っている時もあれば、カオスな時だってある。
ドン決まりに集中してる時もあれば、なんか「わさわさ」している時もある。
そして、それは全部その時点での正解で、「こうならないとダメなんだ」ってことは一つもなくて。

だからね、面白いし、難しいね。訳わかんないよね。(笑)
でも俺にとっての「音楽の生演奏(ライヴ)」ってそういうものです。

だから、ライヴでは嘘つけないし、自分の歌う歌にも嘘つけない。
別に嘘を歌ったって全然いいんだけど。
それを歌う自分には嘘つけないんだなあ。

だから、どんな状況にいたって、揺るがない技術が必要だし、タフなメンタルが必要。

今、JabBeeは新たな過渡期にいるようです。
まあね、いつだって過渡期だけど(笑)。

説明のいらない、余白だらけの、音楽。
心に直接届き、「ぶわーっ」っと情景が浮かびあがる音楽。

そんなの作りてえな。
そんなライヴやりてえな。

20150809.jpeg
こんな情景が「ぶわー」っと浮かびあがる音楽。
クボッチの写真。
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
<<ねえ?本当に原発に未来なんてあるの? | ホーム | 気合い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jabbee.blog.fc2.com/tb.php/186-fa2de595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)