吉祥寺〜軽井沢

  1. 2013/09/03(火) 18:46:25|
  2. 日々のこと
先週末、というか一昨日〜昨日と呼んで頂いたイベントにて歌わせてもらったのでした。

あっという間に過ぎ去って行った、濃い週末だったな。
まずは、8月最後の日。土曜日。
思えば長い付き合いになってる、ソウルブラザースダッチのファーストソロアルバムのレコ発。
スダッチはず〜っとバンドマンとして、そのバンドのヴォーカリストとして、今までの全てのバンドで確固たるオリジナルな日本語ソウルマンとしてその存在感を示して来てたよね。おれも、いろいろ影響されたと思う。
そのスダッチが、とうとうソロアルバムを作った。
俺にしてみりゃ、もうとっくに作っていると思ってたって感じなんだが(笑)。
総勢20人以上が参加したと言うそのアルバム。内容はいわずもがな。最高だよ。
そのレコ発のイベントにJabBeeで呼んでもらった。
久しぶりに、メチャクチャ楽しい夜だったな。場所も曼荼羅ってのがスダッチらしい。
俺たちが出会った場所だし。20〜30代の青春を過ごした場所だ。(笑)
もう一組の競演者Rachelも本当に素晴らしくて、しびれた。
声も容姿も素晴らしくキュート。
リハを見た、ベースのゆうすけが「あんな声に産まれたかった」ってついぽろりとこぼしていたが、男にもそこまで言わす、魅惑の歌声だったな。ホント。
ソウルパウダーコネクション!なる実質SPD!も当然良かった。良くない訳が無い。(笑)
いい空気が充満していたね。
写真をいくつか。

ryoutenihana


両手に華。レコ発張本人女子に囲まれる。うれしそ。写真ぶれぶれごめん。

girls

レイチェル&えりあ。なんとかジョッキと顔半分で割り込むガッツ。この日は曼荼羅で1リットルジョッキを用意していて、ガッツはこの後このジョッキのお陰で記憶をなくす事になる。

gakuya

オープニング、切り込み隊を命ぜられたJabBeeの面々。出番直前の楽屋で!

そして翌日は、ガッツとえりあの3人で軽井沢のカフェShakerへ。
昔からの友達カメラウーマンの田上ちゃん、noco-toneさんの写真展会場にての演奏。
素敵な瞬間ばかりを切り取ったモノクロの写真達に囲まれて、老若男女集う中、演奏させて頂きました。
軽井沢、涼しかったなあ。
ウルフルズの「明日がある」のカバーなんていう超レアな選曲も交え、楽しくてあっという間に終わってしまった。Shaker、素敵なお店でした。店主の人柄がにじみ出るゆったりした素敵なお店で、これまた人柄がにじみ出す素敵な写真達に囲まれ,俺の歌にはどんなモノが滲み出していたのかな。。?自分ではわからないけれど。

ガッツと俺

ライヴ終了後、俺とガッツでnoco-tone写真の前で。いい写真なんだ。ホントに。この写真じゃわかりにくいと思うけど(苦笑)。

浅間山

翌日の浅間山を臨むパン屋からの一枚。最高だったな。

気付けば、随分長い間音楽を続けて来ているね。俺。
勿論いつも全力でやって来たつもりだし、手を抜いた事なんて1度だって無いつもり。
そこで最近思うんだけどさ、馬鹿な俺でも20年以上とかライヴやって来てさ、やっぱ良くも悪くも、大体想像できるんだよね、自分のライヴが。その日の会場、イベント、たぶんこんな感じで、って。
もっと細かい事いえば、ここでこんな感じで盛り上がって、とか。(笑)
それは、当然と言えば当然で、何の準備もなしにいきなりギターもって出て行って、会場をひっくり返すくらいのプレイで全員をぶっ飛ばすなんて、俺には無理だ。身の丈を知れってことになる。
だから俺は、考えるし、準備もする。想像力を働かせて。
でも、その自分が思い描いた、想像の中で終わっていたらダメなんだよね。
どんな些細な事でもいいからさ、その自分の想像を1ミリでも超えたところでプレイ出来ないと。
その繰り返ししか無いのかもしれないね。
こんなおっさんが人前に出て行って、自分の歌を歌うってことで、何かしらをその会場の人たちに語りかけたり、伝えようとしたり、楽しもうとするとき、始めに想像できた自分の世界を1ミリでも超えたところでその日のライヴを終えるってことは、今想像してもわけが分からない。。どうすりゃいいのかなんて、全くわからない。
だから、続けてるんだ。
でも、それってもしかしたら結構幸せだったりするのかもね。

なんて事を、ぐるぐる考えながら、昨日は上信越道を走って帰って来たのだった。

さて次回は、0921土曜日、吉祥寺スタパで、JabBeeのイベントだ。
自分の想像を100メートルくらいは超えたところでプレイしないと、だめよね。
どうする、おれ?
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
<<What Color is LOVE vol.3 | ホーム | Live2連発!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jabbee.blog.fc2.com/tb.php/115-bb9d1288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)