2018

  1. 2018/12/31(月) 00:54:14|
  2. 日々のこと
 今年も暮れて行きますね。
今夜は熊本から帰京してきた、JabBee熊本支部長ガッツと蒲田の歓迎本店で羽根つき餃子などを食べ、そのあとガッツの熱烈な希望で八幡山の誠屋で締めて、食べ過ぎました。
なので、すぐに燃やしておこうという事で、先程8kmのランニングで今年の走り納めをしてきました。
今年は5年ぶりのアルバム「風の歌」リリース後、北海道から九州まであちこちでプレイ出来て、いろいろな方々にお世話になり、いろいろな方々に出会う事が出来た一年でした。 
今年一年各地で出会えた皆様、お世話になった皆様、ありがとうございました。
皆様にとって来年も素敵な一年でありますように。
来年も今年以上にまたあちこち旅して回りたいと思っています。まだまだこれから。しかし、残された時間は確実に短くなっていくもの。悔いを残さない人生にするため、出来得る限り一生懸命歌を作り歌って行こうと思っています。  
来年もどうぞよろしくお願いします。
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

ライヴ納め

  1. 2018/12/15(土) 18:20:26|
  2. 日々のこと
昨夜は自由が丘マルディグラにて今年最後のライヴでした。

個人的に、14日にして今年最後っていうのはちょっと早いかなあ、という気もしたのですが、これから年末〜年始にかけてはライヴ以外の部分で色々と蓄えたり、備えたり、自分の中にあるいろんなイメージをどうやって今後形にしていこうか考える時間に当てようと思ってます。新しい曲も作ってね。

というわけで、大好きな場所自由が丘のマルディグラで、今年一年随所で濃密な時間を共にした「松本勝大」と、ツーマンで締めました。かっちゃんとは、去年の夏くらいに知り合ってから、急速に仲良くなり、今年は九州ツアーや辻堂、水戸といろんなところで一緒にやれて、なおかつお世話になりました。

そんなかっちゃんとのツーマン。

かっちゃんのライヴは、一言で言えば「とても良かった」の一言に尽きるのですが、何が良かったのかと言えば、彼の自分の音楽に向き合う態度がそのままライヴに反映されていたこと。それが伝わって来たのがグッと来たね。
彼が、今模索していたり、彼の頭の中でなっているサウンドやイメージを具現化しようといろんな手段を使って精一杯表現しようとしているその進行形がとても潔く、清々しかった。
きっと来年は、今彼の頭の中や胸の中で鳴り響いているmusicの「貌(かたち)」がきっと見られるんじゃないだろうか。
全国の勝大ファンの皆さんは期待して待ってていいんじゃないでしょうか!(と、勝大に軽くプレッシャーを与えておく!www)

それから今回の企て、お互いの曲をカバーし合おう企画。これも楽しかった。かっちゃんがチョイスして歌ってくれたのが
「見慣れた朝」。アルバムのエンディングに入っている曲。
かっちゃんのカバーは流石だったし、とても良かった。
そして、誰かが自分の書いた曲を歌ってくれて、それを目の当たりにするのは照れ臭いが、嬉しかった。
こういうのまたやりたいね〜。

それからJabBee。
昨夜は、古い友達や、JabBee熊本支部長のガッツのご両親など、温かいお客様に囲まれて、気持ちの良いプレイが
できたと思います。
新曲も一気に2曲ご披露できました。
一曲は、ここ8年くらい習慣化しているランニングについて歌った「run around」という曲。
これは最初に明確にランニングについての歌を作ろうと思い作った歌。

もう一曲は、今年いろんなところを旅するにあたり、僕らの重要な「足」になってくれて、先日236.000kmを突破して、未だにバリバリの現役で頑張っている機材車ボルボ940について歌った歌「ボロボロのボルボ」www。
すっかり愛着もわき、今後300000、400000、を目指し可愛がっていこうと思っている93年型volvo940。

そんな新曲を加えて、さらにかっちゃんの曲「誰も知らない歌だけど」のカバーを交え、盛りだくさんな構成でお送りしました。

1214JabBee.jpg
写真は、28年ぶりくらいの再会、THE HARDERのチバケンがとってくれたもの。ありがとうチバケン!

来年もたくさん旅をしたいし、新しいアルバムなんかもぜひ作りたい。来年はいろんな意味で「節目」もあったりして、ますます音楽の力を自分たちなりの形にしていきたいっす。

今後ともどうぞよろしくお願いします!

そして最後にセッション!

1214session.jpg

かっちゃんを迎えて、これまたお互いに一曲ずつセレクトした曲を三人でご披露。
縛りは「自分が通って来た(ルーツになった)ジャパニーズポップ」からのセレクト!
かっちゃんのセレクトは、まさかのバービーボーイズの「チャンス到来」。
恥ずかしながら、僕この曲をほぼ全く知らず(多分当時聞いてはいたのでしょうが全く覚えておらず。。)今回初めて
カバーにチャレンジ。やってみたら、なるほどすごく斬新なアイデアが随所に盛り込まれている。コードとメロディーの関係性が
自分の中にはまるでなかったものばかりで、ものすごく新鮮。
やっぱりこうして、世に出て残っていくものには、考えつくされた末に生まれる何かしらの「引っかかり」ががっつりあるものなんだなあ、と実感。
そして、こういうカバーをやってみたときに(その歌をお客さんの前で実際に歌ってみたときに)自分がどういう気持ちになるのかというのが非常に面白いところ。
そして、これをセレクトしたかっちゃんの視点も「なるほどね」と僕の中で腑に落ちる部分があって、それも面白かった。

そして、僕のセレクトは、山下達郎さん。
もう、畏れ多い感じですが。www
達郎さんは20代中盤くらいからどっぷりはまっていた[new soul]を掘り起こしていた頃出会いました。
小学〜中学〜高校時代くらいにヒット曲はもちろん耳にしてはいましたが、その時代僕はパンクでしたのでwww、パンクのガキには達郎さんは難しすぎました。www
その数年後、達郎さんのものすごさに打ちのめされて一時かなり聞かせていただきました。
歌ってみたい曲は山ほどありますが(これも畏れ多い!)、ここは季節柄も手伝い、今や日本のクリスマスソングの代表となっている
「クリスマスイヴ」。
実は今まで、何度か歌ったことのある曲でしたが、やはり名曲。
当たり前。
達郎さんの歌は、曲やアレンジはもちろんなのですが、「歌詞」がすごいなあといつも思わされるのです。
その曲、メロに無理なく、何気なく乗せられ、しかも叙情性を失わず、シンプルな言葉でいつも頭に映像が浮かぶ。
天才という一言よりは職人。熟練された技。
もう俺なんかが何を言ってもダメです。wwwこの素晴らしさは。
きっと死ぬまでその背中を追い続けたい方の一人です。

という感じで夜は更けました。
ご来場いただいた皆さま本当にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします〜。

1214mardigras.jpg

その後、久しぶりに深夜のラーメンで締めました。

makotoya.jpg

安定の誠屋ww。
美味かった。ガッツにも食わせたかったww。
ごちそうさまでした。

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

ライヴ納め

  1. 2018/12/09(日) 21:32:25|
  2. 日々のこと
さて、今日12/9、今年もなんとか年を重ね51です。
「いや、いや、早いなあ」とか、口では色々言いますが、実は、本当のところ40を過ぎ、45歳くらいからは、
もうあまり実感ないというか、変わらない。
淡々と時は過ぎるものです。無情。www
半世紀過ぎましたが、まだまだこれからという心持ちは変わりませぬ。
そして、今週は今年最後のライヴがあります。
今年、年頭に一緒に九州をツアーして、そのあとも辻堂や水戸や結構いろんなところで
ご一緒させてもらった松本勝大、かっちゃんとのツーマンで締めくくります。
場所は東京のホーム的なお店、自由が丘マルディグラで。
45406992_1962737073795065_5744239250518310912_oのコピー
【日付】2018年12月14日(金)
【場所】自由が丘 マルディグラ (世田谷区奥沢5-29-10 リブレB1)
【開場】19:00 【開演】19:30
【料金】2500円(要ドリンクオーダー)
【出演】松本勝大、JabBee
【予約・問合せ】03−3722−6892
この日は、かっちゃんとJabBeeで、お互いの曲を一曲づつカバーしようという企てがあります。
しかも、お互い本番まで何をカバーするのかは内緒。
アレンジなど、全く自由。好きな曲を好きなようにカバーする。
これ、結構楽しみです。
本番までお互い知らないというのがなんだかいいね。
ちなみに僕はもう決めてます。カバー曲。
それから、それから、新曲もやるかも!
最近できた曲!
今年のライヴ納め、皆様どうぞお越しください。
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

旅から帰って

  1. 2018/12/04(火) 22:13:06|
  2. 日々のこと
昨日旅から帰りました。

今回の旅も、楽しく、濃く、いい旅になりました。
またしてもいろんな方々にお世話になり、いろんな方々と出会い、弾いて歌って吹いて、あっという間に終わってしまった。

最近の旅は、いつもこいつらと一緒。

IMG_2786.jpg

もうボロボロの2004年製のコールクラークと、フェンダーのacoustasonic90。この組み合わせ、最近はとても気に入っていて、いつでもどこでもこの音でプレイしています。

大阪の大きな輪。
共演のグッナイ小形くんは、なんと高円寺在住。近い!いい声のナイスガイでした。まだ20代の若者!
店主タムさんは相変わらず強面の優しい漢!

47158185_2028835020506707_7799531949495681024_n.jpg

終演後串揚げで打ち上がり、その後道頓堀川の上で。月もばっちり入って何気にいい写真!
和歌山からも駆けつけていただいた方がいらっしゃったり、嬉しい夜でした。
大きな輪は年明け1/25に山田兎とツーマンでまたやります。毎月行くのか?www

名古屋のhunny bunnyでは、お久しぶりのテツモトミキちゃんと初めましてのみつとしかつひろさんが共演。

47119828_2030357013687841_1752978875953971200_o.jpg

店主の宮地くんの盆栽へのハマりようが面白い。そして羨ましい。
でも盆栽にハマったら旅に出られなくなりそうで怖いです。

翌日は岐阜ワーキン。
渋いライヴバーで、旧友マナと。

47398340_2031196656937210_731768281555271680_n.jpg

マナは岐阜では今や、兄貴的な存在で、この日もマナに脅された男女が(ウソ!)多数駆けつけてくれて、大盛り上がり。
以前共演した「俺のワンダー」のマイちゃんや、名古屋からまりものコイちゃんとミヤッチもきてくれて感激。
岐阜のみんなは熱い。嬉しかった!

翌日は京都の一乗寺、街をあげての音楽フェス、Day Of Pleasure2018に呼んでいただいた。
今年で4回目のこのフェスに初出場でした。

47504612_2032365093487033_6907065018429210624_o.jpg

真ん中のハッピにメットの男がww主催者の谷田くん。
彼のヴァイタリティーはすごい。
この日はJabBeeは初出場で一乗寺に行くのも2度目にもかかわらず、会場はパンパンのお客様でとても嬉しかった。
反応も暖かく、とても集中して気持ちの良いプレイができました。
自分の出番以外も臼井ミトンさん、城領明子さん、こじまいづみさん、リクオさん、佐藤タイジさんなどのライヴを楽しみました。
みなさん流石でした。
心残りは、翌日までゆっくりできず、打ち上げの途中で失礼しなければならなかったこと。

2018年最後のツアーも、充実した旅でした。各地で見ていただいた皆様、CDお買い上げ頂いた皆さま、
本当にありがとうございました。
また来年も今年以上に旅に出たいと思っていますので、またお会いできたら嬉しいです!

それから、新しい歌もだんだん生まれつつあります。
ガンガン書きます。

旅は続く!





  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0