九州ツアー後記 後半

  1. 2018/02/28(水) 23:35:17|
  2. 日々のこと
さて、九州レコ発ツアーの振り返り後半です。

2/25日曜日、この日はツアーに出る一月前くらいに急遽演奏させていただけることになった山鹿温祭りで、昼から歌わせていただいた。前日のアサヒ同様パーカッションにガッツを交えて。当初は野外に組んだステージにてプレイする予定だったが、あいにくの雨模様で急遽室内に変更。
山鹿の街並みを眺めながらの演奏を楽しみにしていたので、ちょっと残念でしたが、室内でもフリマや美味しそうなフードの出店が並び、楽しげな雰囲気の中歌わせていただきました。

yamagatea.jpg

演奏場面の写真がない(笑)。なので、買った山鹿のお茶。
これから飲むので楽しみだな。

ymagadaihuku.jpg

それから、びっくりするくらい美味しかったいちご大福。(笑)これは絶品でした。ペロリ。

JabBeeを全く知らないたくさんの方々に聞いていただいた上、CDもお買い上げくださった方がいらして、とても嬉しかった。
ハワイから観光で来られていた「ボブディランがフェイバリット!」という青年がCDを買ってくれ、なんだかとても嬉しかったな。
もうちょっとゆっくりと楽しみたいところだったのだけれど、この日は熊本市内で夜もライヴが控えていたため、早々と会場を後にして夜の会場のsunny blueへと移動。

ここsunny blueでは、熊本を拠点に全国で歌っている歌姫cobyと、松本かっちゃんと3組での夜。

sunnybluecoby.jpg

トップはcoby。熊本に来たらいつもcobyにお世話になってます。色々とこの日もお世話になりっぱなし。
cobyの歌はいつもすごく自然に「すーっ」と入ってくるんだよね。
東京で聞くcobyももちろんいいけれど、彼女の地元熊本で聞くcobyの歌はよりスーッと自然に届いてくるな。
とてもいい。
リラックスしながらもまっすぐ言葉が飛んでくる。素敵でした。

sunnybluekatchan.jpg

そして、松本かっちゃん。「前日きちんと寝たから」という彼の喉は見事に復活して、ツアー千秋楽直前とは思えないくらい伸びやかに歌っていた。熊本の皆さんも大盛り上がり。心のこもったいいライヴをしていました。

sunnybluemarkin.jpg

そして、宿の予約を一月間違えていて、前日路上で少し寝たというツワモノ、マーキンが飲みに来ていたので(笑)一曲飛び入りを強要した。予想通り酔いどれの、とびきりの弾き語りを決めてくれたね。

sunnyblueJabBee.jpg

JabBeeは夜もガッツを交えて、のびのびとやらせてもらった。
熊本は九州の中でもかなり熱いね。さすが火の国。
sunny blueは今回初めてでしたが、ほんとに素敵なお店でした。

熊本の街は、日曜日の夜中でも全く活気が失せずみんな元気に飲み歩いている印象。
またすぐに行きたくなるね。(笑)

そして翌日、今回の九州ツアーの最終日、福岡の福津市。marutaniさんへ。
こちらも初めて訪ねた街。リハを終え、市内をちょっとぶらり。日本一の大きさのしめ縄があるという宮地嶽神社を訪ねたり。

miyajidakejinnja.jpg
〆縄デカすぎ!

さてさて、JabBee&ladyeriaのデュオで行く九州ツアー最終日です。

marutanikatchan.jpg

今回、本当に色々お世話になった松本かっちゃん。
最終日、本当にのびのび、心を込めて歌っていたね。流石です。

marutaniJabBee.jpg

僕らも気持ちよく歌わせていただいた。ほとんどがJabBeeを初めて聞いていただいたお客様でしたが、集中してじっくり聞いていただいているのが伝わって来て、なんとも言えない気持ちがこみ上げました。
CDをお買い上げいただいたお客様、ありがとうございました。

今回の九州ツアーをひとまず終えて感じたことは、どこへ行ってもいろんな方にお世話になりっぱなしの4日間だったなということでした。本当に一つ一つのすべての会場で、温かく迎えてくださる準備をしていただき、実際に温かく迎えていただき、帰りには「また来てください」と言ってくださる。もう感謝しかないです。
また今日から、人間と音楽を磨きます。

また九州行きます。ありがとうございました。

bingolove.jpg
この4日間、共に演奏して松本かっちゃんがいろんな方々に愛される(応援される)わけが、少しわかった気がしたね。
いいやつと友達になった。これからも宜しく。

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

「風の歌」リリースツアー九州編 前半

  1. 2018/02/27(火) 22:59:33|
  2. 日々のこと
いよいよ始まりました、今年のツアー。アルバム「風の歌」を携えて、全国的に旅をしていこうと思っています。
今年は、マイペースに旅をしたいなあと思ってます。
そして、旅をしながら色々考えることがきっと今の俺には大切なんだろうなと感じています。
そして、また新たなJabBeeを探したいな。

そのスタートとなった今回、九州編。今回の九州ツアーは、去年縁あって仲良くなった九州出身のSSW松本かつひろ君と一緒に4箇所を共に回るツアーでした。
4日間という、まあツアーとしては比較的短めの日程でしたが、それはそれで中身の濃いぎゅっといろいろ凝縮された旅になりました。

初日2/23は初めて訪れた佐賀の唐津市でした。KNOCK WOODという素敵なお店。
この日は、松本かつひろ&ペペ伊藤のカツペペとご一緒させていただく。
なんとギターのペペ君ががっつり写真を撮ってくれた。いい写真たくさん。

karatsu_knockwood.jpg

唐津のお客様たち、とても暖かく迎えてくださり初めての場所ということを忘れてしまうくらいの空気感でした。
CDもお買い上げいただき、色々とお話もさせていただき、なんとも忘れがたいツアー初日にしていただきました。

カツぺぺのお二人は、初めてご一緒させていただいたのですが、昔のバンドメンバーというお話の通り、阿吽の呼吸で、素晴らしい世界を作ってました。ペペ君と二人はこの日が最後だったせいもあってか、気合も十分でした。

karatsuafter.jpg
かつペペとJabBee

終演後、唐津市内のcaffe Lunaに移動し美味しいカレーとパスタで唐津最高。
またきます〜。必ずね。

そして翌日は熊本県山鹿市のアサヒ。なんとも風情が溢れかえっている街。大好きな街。前回の九州ツアーの時にはここアサヒの2階に泊めていただきここを拠点に熊本〜福岡を回ったんだ。いやあ、やっとまた帰ってこられた。

nappinng.jpg

店主。なっぴんさん。素敵にゆるい人。

この日は、最近旅をしながらあちこちで歌っているという北山マーキンがタイミングを合わせてやってきてくれた。それに地元山鹿を拠点に歌い続けているchaobee。昨日から共に回り始めた松本かっちゃん。もう夕方から街も店もとってもいい雰囲気。
なんか、のんびりしているんだけど、楽しげで、わくわくする空気が漂ってきてた日だったな。

markin.jpg

最初に3曲だけ弾き語りしてくれたマーキン。すごくよかった。センスの塊この人。フェイセズのウーララの日本語詞がやられたな。
サイコーだった。

chaobee.jpg

山鹿在住のChaobee。実は以前にもここで一緒にやったことがあった。久しぶりの共演。
ん?ン? !!!
chaobee、君に何があったんだ?確かに以前からいい感じだったけれど、明らかに以前のChaobeeとは一味もふた味も違う。というか全く違う。歌もギターも以前とは比べ物にならないくらい前に飛び出してくる印象だ。見ていてもう、嬉しくて嬉しくて。きっと、続けてきたってことだけじゃなくて、chaobeeの中で何かが変わったんだろうなあ。素敵。

katsuhiromatsumoto.jpg


そして、松本かつひろ松本かつひろ君。この日は全くの弾き語り。やさしい歌を歌うよねえ。もちろんやさしいだけじゃないけどね。
かっちゃんは、曲がとってもいい。いい歌をいっぱい作ってんなあ。
とても気持ちのこもった、いいライヴをしていた。

yamagawithgatz.jpg

そしてJabBee。いや、やっとこれました。熊本。JabBee熊本支部長のミスターリズム、GATZがこの日から合流。
相変わらず気持ちのいいリズムを奏でていました。
いいライヴだった。
CDお買い上げいただいた皆様、ありがとうございました。

やっぱ九州はなんとも言えない独特の空気が流れているよ。
俺はそこがとっても好きなんです。

後半へ続く。



  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

今年の旅がはじまります。

  1. 2018/02/21(水) 17:53:29|
  2. 日々のこと
俺は、自分の音楽についてあまり上手に説明が出来ない。なんと呼ばれたいか、と言う事についても余り興味がない。名前はなんでもよい。
いろんな要素を溶かした、ポップミュージックって言うのがわかりやすいかな、と思いプロフなどにはそう書いてある。
溶かしてあるから、わかりにくいかもしれませんが、よく味わってみたら、ほんのりSoul風味とか、ベースになってる出汁は、これは間違いなくブルーズの出汁だね、とか。いやいや、これは隠し味にウディガスリー的なフォークが入ってるね、とか。そんな感じのモノを目指しています。音楽好きな人には、そんな風に感じてもらえたらいいなぁと。 
でも、実は本当にシンプルな事で、俺の音楽を聴いてもらって、「いいなあ」って思ってもらえたらそれが一番いいです。嬉しい。
そして、これは俺の個人的なこだわりなんだけれど、いつもやはり、どこかにロックがある。それは名前としてのロックではない。ギターが歪んでいるとか、髪が長いとか(俺は事情があって伸ばせない)、デカい音とか、夏でも革ジャン革パンとか、そう言う事ではない。もちろん、そう言う哲学は大切だし、そう言うのが奥底深いところから滲み出しているものは、理屈抜きにカッコいい。
けれど、俺は俺のロックを見つけたいし、トライし続けたいのです。
それは、なにをやってもいいと言う自由な心であり、絶対に屈せず貫いてゆく信念であり、カタチを変えながらも最終的には全てを包み込んでしまう優しさだ。
そう、ロックは優しいんだよ。
 
さて、そんな音楽を鳴らす旅が始まります。
今年はあちこち旅できそうで、嬉しい。
まずは、九州から。
去年友達になった、松本かつひろ君と共に。
熊本ではガッツ(per)も!
2/23(金)佐賀唐津 ノックウッド
2/24(土)熊本山鹿 アサヒ
2/25(日)熊本山鹿 温祭り(昼)
2/25(日)熊本sunny blue
2/26(月)福岡福間 マルタニ
詳細はHPをご覧ください。
jabbeemusic.com
皆様どうぞよろしく!
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0