JabBee / 風の歌

  1. 2017/10/02(月) 22:54:57|
  2. 日々のこと
kazenouta.jpg

やっとです。

音に関しては出来上がりました。本日無事マスタリングまで終了です。

思えば、前作「そばに君がいれば」をリリースしてから、あっという間に5年です。

この5年でゆっくりとですがJabBeeはいろんな意味で変わったし、変わってないんだなあと。

そんな作品です。

僕自身、今はまだ、この「風の歌」とてもとても客観視できる状態ではなさそうですが(あまりにも聴きすぎた!笑)

録音に参加してくれたミュージシャンやエンジニアの水野さんのおかげで、いい作品になりました。

ですが、まだまだリリースに向けてアートワークやMVなど、やることたくさんです。

出来上がったらみなさま是非聞いていただきたい!





  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

ニュウアルバム

  1. 2017/09/28(木) 21:58:01|
  2. 日々のこと
kazenoutamix.jpg

JabBeeの新しいアルバム。やっとミックスまで完了しました。
といっても、ミックスって何?って方もいらっしゃいますね。そうですよね。

かなり端折っていうと、
録音した音たちを磨き上げて、編集していく作業がミックス。
このミックスの時点でかなり完成に近い音になります。

あとは、音に関しては、残すはマスタリングだけ。曲順決めたり、最終的な音質音圧の調整。

料理に例えると、鍋の中で料理ができがったのがミックス完了の状態。マスタリングで盛り付け。
って感じでしょうか。

そのほかにも、ジャケットのデザインや、MV作成などまだまだやることはたくさんありますが、完成に向けて
また前進しました。

いい感じ!

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

ニュウアルバム

  1. 2017/07/05(水) 22:40:21|
  2. 日々のこと
さてと。やっと始めます。ニュウアルバム制作。
ずっとグジュグジュしてた僕です。
そして、決めました。
今度のアルバムはとてもシンプルなものにすると。
シンプルの意味が難しいんだけどね。
まあ、やってみます。
  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

今年もありがとうございました

  1. 2016/12/29(木) 22:35:23|
  2. 日々のこと
2016年も残りわずか。

皆様にとって今年一年どんな年だったでしょう?

僕にとっての今年一年。いろいろありました。それなりに。

40代最後の一年。



20160425dylan.jpg

今年見たライヴでのぶっちぎりの一番は(今年はそんなにライヴ見なかったけれどなあ。。。)渋谷オーチャードホールで観たBob Dylan。ギターを一曲も弾くことなく、マイクスタンドの前で粋に構えてポーズをつけ歌うDylan。ピアノの前に座り歌うDylan。スタンダードを歌い、往年のヒット曲は殆どないセットリスト。でもやはりDylanだったのです。間違いなく。


norahjonesdaybreak.jpeg

今年聞いた新譜で一番良かったもの(10年前に比べたら本当に聞く機会が減ってしまったけれど。。。)。Norah Jonesのこのアルバム。他にもいろいろ新譜聞いたけれど、やっぱこのアルバムは良かったなあ。僕の中ではぶっちぎりに近かった。本当によく聞いています。


今年一年を振り返って見て、情けなく思うところ、不甲斐なさ、たくさんあります。
ライヴも、今年はあまりできなかったな。
そんなことを考えると、これから先あと何年歌えるんだろう?とか、思うね。
もちろんまだまだ歌うつもりですが、現実問題として、いつまで闘えるのかってこと。己とね。
これ大切なことです。

それには、体力が必要。
これは、心と同じくらい大切なものだと、本当に最近よく思う。
体力ないと闘えないんだよね。本当に。
己と戦うためにも、誰かのために頑張らなくちゃならない時も、体力はなくちゃダメだよね。

だから今年の終わりに来て、また最近ランニングを活発化してる。
まあ、ずっと走ってはいたけれど、最近はちょっとダレ気味だったし。
今月は、120kmくらい走った。

来年もまずは健康を。闘うための健康。

そして、少しでもいいんだ。より良い、音楽を作り歌う。伝える。



皆さま良いお年を!





  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0

BOB DYLAN

  1. 2016/04/25(月) 23:46:07|
  2. 日々のこと
20160425dylan.jpg


今夜渋谷のオーチャードホールで。

ロックでもブルーズでもフォークでもソウルでもカントリーでもジャズでも。。。そのどれでもなく、その全てであり、そんなカテゴライズは全く意味がないのだと、最初から最後まで徹底的にディランはディランだった。

緻密さとはかけ離れているような、ザクザクの隙間だらけのバンドサウンドをバックにディランが歌えば、そこにあるのは今まで見たことも聞いたこともないようなDYLAN'S MUSICだった。

始まった途端、電気が走るような類いの衝撃ではなく、じわりじわりと効いてくるそんな重たい衝撃。

「枯葉」みたいなスタンダードも、「風に吹かれて」だって、現在進行中のDYLAN'S MUSICとして聴かせる。地味で重たい凄み。


それにしてもあの声。

「お前な、歌が上手いとか下手とかそんなことを考えるのは時間の無駄だ。」

と、言われているような歌の存在感。


とにかく、一つだけ強く感じたことは、音楽を追いかけ始めたら答えなんか見つからないんだということ。

追いかけ続けて、追いかけ続けて、やるしかないんだな。

そんな凄みに飲み込まれて、帰ってきた夜でした。

まだぼんやりしてるよ。

  1. トラックバック:0
  2. | コメント:0
次のページ